デキル人へ一歩前進 お役立ちライブラリ

キレイのひみつ、元気の秘訣、おいしいごはん、リフレッシュ術など、皆さん
がちょっぴり気になるアレコレにお答えします!休憩時間や通勤などのスキマ時間にサクッと読めるお役立ちコラムです。

首や肩のコリがツライ人へ
ストレートネックを解消する4つのエクササイズ

現代日本で働く人は、パソコンなどに長時間向き合うことが多く、どうしても前かがみやうつむき状態が長時間続きがち。ストレートネックを解消するためには、首まわりを動かし、頸椎の本来の働きを呼び起こしてあげればよいのです。ストレートネックを解消する、首まわりのエクササイズについて、さかいクリニックグループ代表 酒井慎太郎氏にお話をうかがいました。

ストレートネックの解消エクササイズ!

前編 ストレートネックは現代病!? 首の酷使を避けるための5つの方法

首や肩がこる原因のひとつ「ストレートネック」。パソコン仕事などで下を向いて作業する現代人にとって大きな問題となっています。
今回は、ストレートネックを解消する、簡単なエクササイズを4つご紹介しましょう。ちょっとこったな、というときやお仕事の合間に少しするだけでも、首や肩が軽くなりますよ。
 
■カンタンあご引きエクササイズ

  • ①正しい姿勢をとる

  • ②そのままあごをぐっと引く

  • ③あごに手を添えて首ごとググッと後ろに押し込む

気づいたときにあご引きエクササイズをして習慣づけるようにしましょう。③では力を入れて押し込むことがポイントです。

■肩甲骨の運動

①座った状態で体の後ろで手を組む

②胸を開き肩甲骨を閉じるように腕から上半身にかけて伸ばす

■いないいない体操

  • ①腕を上に伸ばす

  • ②ゆっくりと下げ、顔の前で腕を合わせる

  • ③いないいないばぁをするように、腕をゆっくり開く。この時、肩甲骨を内側にぎゅっと寄せる

気持ちいいくらいにゆっくりと肩甲骨を寄せましょう。デスクワークの合間などに行うと、肩まわりの筋肉をほぐせます。

■テニスボールで簡易版・首の関節包内矯正

  • ①テニスボール二個を並べてガムテープで固定する

  • ②頭蓋骨の後ろのでっぱりのすぐ下に①をあてる

  • ③畳やフローリングなどの固い床にあおむけになり、ボールの上に頭をのせる

※この時、背中の下に本を入れ、ボールが動かないように固定するとよい
テニスボールの硬さが頭と首の間の関節によい刺激となります。筋肉や神経の圧迫をほぐし、血液や脳脊髄液のながれをよくします。
 
============
肩や首のコリに悩む現代人の方は、まずこれらのエクササイズを行い、首をいたわってみてはいかがでしょうか? 前かがみ、うつむきの姿勢を少し動かしてあげるだけで、ストレートネックは改善されます。
首・肩まわりの筋肉をしっかり動かして、トラブルに悩まされないカラダを手に入れましょう!

さかいクリニックグループ代表
千葉ロッテマリーンズオフィシャルメディカルアドバイザー
酒井 慎太郎氏
 
整形外科や腰痛専門医院、プロサッカーチームの臨床スタッフとしての経験を活かし、腰痛やスポーツ障害の疾患の治療に携わる。スポーツ選手やアーティストなども利用する、さかい保健整骨院、Himedic systemなど、腰痛や肩こりなどを専門とするさかいクリニックグループの代表。
著書に『変形性膝関節症は自分で治せる!』『首・肩の頸椎症は自分で治せる』(学研プラス)、『あなたの首の痛み、肩こりはストレートネックが原因です!』(永岡書店)など。

UP DATE 2017/09/29

お役立ちライブラリTOPへ

からだのメンテ の最新記事

注目の記事をPick UP!!!

ページの先頭へ戻る